ホームヘルパーサバイバル日記@ブログ

サイト「ホームヘルパーとガイドヘルパーに挑戦中!」の管理人まりんの雑談日記。

<< 電動自転車のページを更新 | main | ヘルパンギーナが流行 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -

米6歳児に3Dプリンターで義手、「木登りしたい」と笑顔

素晴らしい3D技術の活用方法ですね!

米6歳児に3Dプリンターで義手、「木登りしたい」と笑顔
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000047-reut-n_ame

[オーランド(米フロリダ州) 25日 ロイター] - 米フロリダ州で、生まれつき右手の大半が欠損している6歳の少年のため、3Dプリンターで義手が作られた。義手は、前腕部分と、手の機能をはたす部分から構成されている。

義手を作ったのは、昨年7月に立ち上げられたオンラインの科学者グループ(会員約1300人)。特に子供向けに、3Dプリンターを活用した人工装具の生産方法の変革を目指す。発起人のジョン・スカル氏は、過去1年間に少なくとも50の装具を復元したとしている。

同氏によると、今回義手を装着したアレックス・プリング君の場合、材料費は350ドル、製作期間は8週間だった。アレックス君は「物を開けたり、木登りしたりしたい」と語った。

アレックス君は、同グループが手がけた子供のなかで、装置を操作する手首や肘をもたない初のケースとして注目されるという。義手は、上腕二頭筋の収縮によって操作する。

学生らが義手製作に関わったセントラル・フロリダ大学は声明で、人工装具のコストは最大4万ドルに達するにもかかわらず多くの保険適用外となっており、成長期の子供はコストなどが弊害となってしばしば義手や義足を装着できないと指摘した。今回の設計情報は寄付され、今後も活用が可能という。

 
- | -

スポンサーサイト

- | -